よく使う 阿波弁                  

                                     


                               

   

                          

阿 波 弁 意 味 使    用   例  
あるでないで 有るでしょう そこに 「あるでないで」 
えっとぶり 久しぶり あんたと会うたん 「えっとぶり」 やな〜 
ざっとしとる いいかげんな。 あの人が言よること 「ざっとしとる」 な〜 
しょうたれ だらしない そんな 「しょうたれ」 た格好すなよ 
たっすい くだらない あんまり 「たっすい」 ことしたら他人にわらわれるよ 
つまえる 片付ける それ早よう押入れに 「つまえ」 とけよ 
どくれる ふてくされる。 あの人すぐ 「どくれる」 癖があるな〜 
はがいたらしい はがゆい あいつすぐ偉そうなこというけん 「はがいたらしい」 な〜
へらこい ずるい そんな 「へらこい」 ことしたらバチがあたるぞう 
どちらいか どういたしまして こちらこそ 「どちらいか」 ありがとう 
もんてくる 帰ってくる それ忘っせたけん 「もんてくる」 けんなー  
おじみそ 弱虫 あのこ 「おじみそ」 やけんすぐ泣っかけになる 
ごじゃんぽ いい加減 あんまり 「ごじゃんぽ」 ばっかりしたらあかんぞう 
まがる 邪魔になる そこにおったら 「まがる」 でないか 
やりこい 柔らかい この肉わりかし 「やりこい」 な〜 
せんぐりに 次々と あいつは 「せんぐりに」 面白っしょいこと言うな〜 
おぶける 驚く 急にそんなことしたら 「おぶける」 でないか 
めんどい 難しい この問題 「めんどい」 な〜
さら 新品 こんな 「さら」 使うたら手がこわるな〜
じゃらこい くだらない それちょっと 「じゃらこい」 んちゃうか
あばばい まぶしい そんなに光あてたら 「あばばい」 な〜
しわしわ ゆっくり あわてんと 「しわしわ」 行きよ
こんこ 沢庵 日に日に 味噌と 「こんこ」 だけでは力でんわ
か〜 頂戴 そのうまそうな飴一つ 「か〜
あばさかる ふざけている そんな 「あばさかる」 ことしたらあかんぞう
むつごい 脂っこい これあんまり 「むつごい」 けん食えんな〜






       アーノルド・ジェンスが残した100年前の日本

100年前というと 俺が生まれる数十年も前のことですがこの画像を見ていると 俺が小学生の頃の日頃の 様子と  全く一緒 なので驚きました。日頃の着ているのも着物・でんちゅうで 子供も多く 数人が普通でした 楽しみは 「紙芝居」「友との遊び」  でした。それも (ンバラ・缶けり・相撲・釘たて・メンコ・バイ・木馬  竹馬・水鉄砲・園瀬川での遊び) 等でした。  近頃は 外国の影響か様代わりして テレビ・ゲーム機・携帯電話 等  着ているもの・食べ物なども全く変わり 驚きです。\(^o^)/ m(_ _*)m





                                                                                               T O P へ